マッサージピール| 大阪 高槻市 野田皮フ科クリニック|コラーゲンピーリング

  • HOME
  • 医師紹介
  • 診療のご案内
  • 料金表(自由診療)
  • 院内風景
  • アクセス

美容皮膚科

マッサージピール

マッサージピールとは

マッサージピール(PRX-T33)は、角質をほとんど剥離することなく真皮深層に働きかけてコラーゲンの生成を促進し、肌のハリと弾力を向上させる治療です。マッサージピール(PRX-T33)は、主成分がトリクロロ酢酸(TCA)と過酸化水素になります。

TCAは真皮層まで強力に浸透するピーリング剤であり、海外では人気がありますが、ダウンタイムの長さや色素沈着などのリスクがあり日本ではあまり一般的ではありませんでした。

PRX-T33は33%のTCAと低濃度の過酸化水素を特許技術で配合することで、皮膚に強いピーリング作用を起こすことなく真皮深層に浸透し、繊維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を強力に促進します。また、過酸化水素にも真皮のコラーゲン生成を促す作用があります。

TCAのダウンタイムリスクを抑えるための成分として、過酸化水素に加えてコウジ酸も配合されています。コウジ酸は強力な美白作用によってメラニンの生成や炎症を抑える効果があり、シミ・肝斑にも効果が期待できます。

このような方におすすめです
  • お肌のハリがほしい、引き締めたい
  • 毛穴の開きが気になる
  • 軽度なたるみ・小じわが気になる
  • ニキビ跡、くすみを改善したい
  • 少ない痛み、ダウンタイムの少ない治療がいい

マッサージピール後のアフターケア

マッサージピールのアフターケアには、専用のピーリング乳液・保湿クリームのセットをお使いいただきます。

ピーリング乳液はグリコール酸を含有しており、お肌を低pHに保つことでマッサージピールによるコラーゲン生成をいっそう高める効果があります。

保湿クリームは、シアバターやホホバオイル等保湿成分が含有されており、乾燥、皮膚のかゆみ、発赤、ひび割れの原因となるお肌の水分の蒸発を防ぐ、乾燥が気になる方に最適な保湿栄養クリームです。

お肌の表面にヒドロリシッドフィルムを復元し、外的刺激から守り、ハリを失ったお肌や、加齢や風などの外的影響を受けた肌の皮脂膜を回復させます。

マッサージピールの注意点

施術中の灼熱感・赤み
マッサージピールは基本的にはダウンタイムが少なく、季節を問わず、当日から化粧可能な 施術ですが、人によっては施術中の灼熱感や施術直後の赤みが出る場合があります。
灼熱感は施術後おさまります。赤みは1時間以内で大体おさまります。
施術数日後の落屑
初回の施術後に見られることがある反応ですが、施術を継続するとコラーゲン生成が促され、代謝がきちんと整うため生じなくなる場合が多いです。
コウジ酸アレルギー
マッサージピールにはコウジ酸が含まれているため、コウジ酸にアレルギーのある方は施術できません。
施術後に出る部分的な赤み
施術後翌日くらいから特定部位における赤みや腫れがみられる場合、治療時にその部位に皮膚炎を起こしていた可能性があります。症状によりステロイド外用剤を使用することがあります。

PAGE TOP